バイオグラフィー

齋藤順 近影
幼少の頃よりピアノやヴァイオリン、チェロを習い、
15歳から江口朝彦氏にコントラバスを師事する。
高校時代は、朝日ジュニアオーケストラに入団しながら、
並行して自身のロックバンドで数々のコンテストに優勝するなど、すでにマルチプレイヤーの頭角を現わす。
東京芸術大学器楽科入学後、ルートヴィッヒ・シュトライヒャーにも師事。
本格的にクラシック奏者を目指すかたわら、大学卒業後、中西俊博、フェビアン・レザ・パネらと共にアルゼンチン・コンチネンタルタンゴのCDをリリースするなど、
ポピュラー音楽にも歩み始め、これが当時タンゴブームの火付け役となる。
又、その一方で、古澤厳、葉加瀬太郎らと伝説のジプシーバンド、ヴィンヤード・シアターを結成。ライブ活動を行う。
作曲家の父親の影響を受け、作曲、編曲にも興味を持ち、ピアノアレンジ、ストリングスアレンジ等多数手掛ける。
 
現在スタジオミュージシャンとして年間百本を越えるセッションをこなしながら、服部克久、久石譲、宗次郎、coba、米良美一、川井郁子、福山雅治 
他のユニットにも参加する等、その音楽性は多彩である。
さらに、東京ヴィヴァルディ合奏団に10年間在籍、
また、今も東京音楽大学附属高校において、後進の指導にあたる等、クラシック奏者としての顔も持っている。