本文へジャンプ
HISTORY

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン

トヨタ自動車(株)の社会貢献活動の一環として、2000年にスタート。全国の大都市を中心にツアーを行い、ウィーン・フィル、ウィーン国立歌劇場のメンバーらによる最上質な室内オーケストラを、お求めやすいチケット料金で提供。また、トヨタ創立70周年コンサートとして開催した07年からは通常公演に加え、次世代を見据えた「青少年のための特別プログラム」として、学校訪問コンサートや公開リハーサルなども実施。

開催年 2000年、02年、04年~10年、12年~14年(現在までに12回開催)
会場 全国各地の大規模・中規模コンサートホールなど
集客規模 各公演700名~6,000名
(1回のツアー開催につき7,500名~24,000名、現在までの合計140,000名)
主な出演者 トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン、ウィーン国立歌劇場専属歌手
尾高忠明(指揮)、佐渡裕(指揮)、佐藤美枝子(ソプラノ)、中嶋彰子(ソプラノ)、佐野成宏(テノール)、諏訪内晶子(ヴァイオリン)、小山実稚恵(ピアノ)、伊藤恵(ピアノ)、仲道郁代(ピアノ)、吉野直子(ハープ)、草刈民代(バレエ)、朝岡聡(司会)
クライアント トヨタ自動車、各地新聞社