本文へジャンプ
HISTORY

東京アンサンブル

東京アンサンブル

ヴァイオリニストの服部譲二氏主宰による、若手世代を代表する弦楽合奏団。2002年に韓国公演、03年ポルトガル公演、06年カナダ公演を実施。07年まくべつ町民芸術劇場10周年記念事業として公演を行う。その他、東京オペラシティ文化財団の共催事業として「子どもたちのための公開リハーサル」、ソニー音楽芸術振興会の「Concert for Kids」、田崎真珠スワンクラブ・サロンコンサートにも出演。

開催年 2002年~07年
会場 東京オペラシティ コンサートホール、幕別町百年記念ホール
集客規模 各公演600名~1,300名(合計7,000名)※海外公演を除く
主な出演者 東京アンサンブル、マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)、イヴォナ・ソボトカ(ソプラノ)、リナーテ・リンオルトナー(フルート)、ミハエラ・ウルスレアサ(ピアノ)
クライアント J.P.モルガン・チェース・アンド・カンパニー(特別協賛※2002年、04年~07年)、東京オペラシティ文化財団(共催※2004年、06年、07年)、富士ゼロックス(協賛※2003年)、十勝毎日新聞社(主催※2007年帯広公演)、萩原建設工業(特別協賛※2007年帯広公演)