本文へジャンプ
HISTORY
  • 1002 Co.,ltd.
  • HISTORY
  • 文化庁舞台芸術フェスティバル2006「アジア・スーパー・クラシックス@知恩院」

文化庁舞台芸術フェスティバル2006「アジア・スーパー・クラシックス@知恩院」

文化庁舞台芸術フェスティバル2006「アジア・スーパー・クラシックス@知恩院」

同フェスティバルの一環として、京都・知恩院の三門を舞台に日本、中国、韓国の音楽シーンを異なる側面から取り上げる「3つのコンサート」をプロデュース。それぞれ伝統楽器、作曲家、映画音楽をテーマとした。

開催年月 2006年10月
会場 知恩院・三門
集客規模 各公演500名(合計延べ1,500名)
主な出演者 姜建華(二胡)、姜小青(古筝)、パク・スナ(カヤグム)、パク・スンジョン(カヤグム)、瀬尾和紀(フルート)、須田祥子(ヴィオラ)、佐竹由美(ソプラノ)、池上英樹(パーカッション)
クライアント 文化庁舞台芸術国際フェスティバル実行委員会、日本クラシック音楽事業協会