本文へジャンプ
HISTORY

ローム ミュージック フェスティバル

ローム ミュージック フェスティバル

これまでに400名以上の音楽家に留学支援を行う他、奨学生を対象としたコンサート等を積極的に行っているローム ミュージック ファンデーションが、リニューアル・オープン間もないロームシアター京都(旧:京都会館)を拠点に満を持してスタートした音楽フェスティバルを当社が企画制作。オーケストラコンサート、オペラ、室内楽、野外イベントまで幅広く展開。春の京都を代表するクラシック音楽フェスとなっている。

開催年 2016年~現在
会場 ロームシアター京都(メインホール、サウスホール、野外特設ステージ)
集客規模 毎年8,000名~10,000名
主な出演者 下野竜也、阪哲朗(以上、指揮)、樫本大進、神谷未穂、神尾真由子、泉原隆志、日下紗矢子、郷古廉、島田真千子、松田理奈、小林美樹、成田達輝(以上、ヴァイオリン)、古川展生、横坂源、宮田大、奥田なな子、門脇大樹(以上、チェロ)、吉田誠(クラリネット)、菊本和昭(トランペット)、河村尚子、菊池洋子、清塚信也、萩原麻未、反田恭平、小林愛実、アレッシオ・バックス(以上、ピアノ)、木下美穂子、安藤赴美子、市原愛(以上、ソプラノ)、林美智子(メゾ・ソプラノ)、坂本朱(アルト)、藤木大地(カウンターテナー)、中島康晴、宮里直樹(以上、テノール)、大山大輔、青山貴(バリトン)、西村まさ彦(朗読)、朝岡聡(司会)、京都市交響楽団、京響コーラス 他多数
クライアント ローム ミュージック ファンデーション、ローム株式会社(共催)、京都府(後援)、京都市(後援)